Profile

1995年から画家として発表活動を開始し、1998年からは、副業を持たずに、画業ひとすじで生活を始めました。

2007年に東京国立近代美術館に作品が買い上げとなったことを機に、2008年からは、相模原市内で独立したアトリエを構え、2012年により良い制作環境を求めて、長野市内にアトリエを移しました。

2013年に損保ジャパン東郷青児美術館で企画開催された『クィンテット展』での発表に際しては、ブログから制作資金のご支援を集めるようになりました。2年間で、約380万円のご支援を集めることが出来ました。

長野市内での4年間の制作生活では、皆様のご支援と作品販売で制作活動を続け、その成果として2016年に横須賀線美術館での企画個展を開催することができました。

2016年に、これまで12年間お世話になった都内の取り扱い画廊から独立。

翌2017年からは、長野市内から軽井沢町にアトリエを移し、毎月手動で独自配信する「画家川田祐子ニュースレター」を媒介とするコミュニティを大切にしながら、web サイトで毎月新作を発表し、自立した新しいスタイルでの画家活動を邁進中。