arppegio of clouds

clouds_arpeggio@wp

雲のアルペジオ/arppegio of clouds
2012
scratch/hatching
acrlylic gouashe on canvas
162x194cm

¥1,300,000-


『雲のアルペジオ』は、損保ジャパン東郷青児美術館の第1回FACE展に応募した作品です。
ちょうど去年の今頃に完成していた作品でした。
この作品の題名を決めるために、毎日2〜3個思いつく言葉をノートに書き留めました。
制作して行く途中で、見えて来るものが変わって来るので、最後の最後まで決まりませんでした。
毎晩制作作業を終了すると、iPhoneで簡単に撮影し、寝床に入ってもその画像を見ながら眠りました。

最後の方で、宙に手が浮かんでいるように見えて来ました。
自分で描こうとしないのに、何かが見えて来ることは良くあることです。
そして描こうと思って描くものよりも、描こうとしないのに描けたものの方が、私はリアルに感じるので、
なるべくそういうものは、消さずにそっとしておきます。
『雲のアルペジオ』はそのようにして完成した作品でした。

そういうことから途中では、『雲をつかむ』という題名も考えてみました。

しかし、その手をずっと見ていると、ピアノなどの楽器を演奏しているようにも見えて来ましたので、
そこからアルペジオという言葉が浮上しました。

アルペジオとは、和音を構成する音を一音ずつ低いものから(または、高いものから)
順番に弾いていくことで、リズム感や深みを演出する演奏方法です。

私は、こういう音の表現を聞くと、一つ一つの音が細かいモザイクのように寄り集まって、
キラキラ煌めいているように感じます。
それは、空の雲を見ている時にも感じることで、
雲が細かく切れ切れに崩れて行き、まるでモザイクの様な秩序ある構成を見せていると、
頭の中にアルペジオの曲が聞こえて来て、とても心を奪われます。

このような雲を『鰯雲』『羊雲』『鱗雲』などと言うそうなのですが、
なんとなく生臭い感じのする名前がついているものですね。
学術的には、『絹(巻)積雲』。英語訳ではcirrocumulusと言われます。

この作品の制作段階では、それ程には『絹積雲』を意識していなかったので、無理に出さずに、
この後に続く『白い情熱』という作品へと繋げて行きました。

白い情熱
白い情熱
2012
ハッチング/スクラッチ
アクリルガッシュ/キャンバス
72.7X91cm
個人所蔵

『雲のアルペジオ』からは、次へと続く作品の展開が見えて行ったという意味で、
私にとって重要な作品になりました。

この「描こうとしないで描けたものを生かすこと」と「ダブルイメージ」という手法は、
『鳥は見ている』という作品へと展開して行きました。

Comments are closed.