VR 空間での展覧会開催中

川田 祐子 展ーこの仮想現実

会期:2021年6月27日まで

展示概要:

1995年からの絵画制作活動を続ける川田祐子の、VR空間での仮想展覧会です。

2011年までは、スクラッチとハッチング技法を使って、即興的な細かい描線から、自己の無意識下の原風景を抽出、あるいは、つむぎ出していくような作風で制作して来ました。2012年からは、外界は自己の内面の投影と捉えるようになり、その外界を抽出していく作風へと移行して行く変遷をご覧いただけます。

絵画制作の変遷の背景には、絵画が自己の存在を確かめるために必要不可欠であったこと、しかしやがて、そのような自己の存在も外界も自分や社会の思い込みで成り立つ仮想現実として目に映るようになって行った経緯があります。その目の表現として、仮想現実としての絵画表現がそれをもっともリアルに表現できるという確信が更に絵画制作へと駆り立てていることから、「この仮想現実」というタイトルを付けました。

今回VR空間で大作24点を発表することで、さらに絵画の仮想性を際立たせる展覧会となっています。

下記リンクをクリックで、PC画面で誰でも無料で展覧会場に入ることが出来ます。

https://sv24.3d-gallery.net/?uid=JBcQG05nI7Er88

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください