このサイトは、軽井沢アトリエ「長野スタジオカワダ」にて制作活動している、現代美術画家川田祐子の絵画・版画作品を販売するサイトです。

大量の情報が溢れているネット上で、このサイトを見つけてくださって、心から嬉しく、この出会いに深く感謝申し上げます。

おかげさまで2017年から創業しましたこのオンラインサイトから、約120点(2023年6月現在)の作品が販売され、求めてくださった方々のご自宅に届けられております。

1995年から発表活動を開始した川田祐子は、2016年までは毎年数回の画廊個展やグループ展を通して、約500点以上の作品が購入されて、一般の個人をはじめ、美術コレクター、美術館(北海道立釧路芸術館、東京国立近代美術館など)の所蔵となりました。2017年からは長年お世話になっていた画廊の休廊をきっかけに、作家川田が個人事業主として「長野スタジオカワダ」を運営しながら、自身の作品をこのオンライン・サイトから販売しております。

この活動は、アート制作・発表・販売活動までを包括する、作家自身の現代アートの表現(社会彫刻)として取り組んでいるものです。「まだ評価が定まらないアートを人々が負担なく、自由に個人の意思で選び、購入する社会」になるよう尽力することが、これからの社会やアートに、意味のある活動となると考えるからです。

アートは、これまでは無駄であり、必要不可欠ではない、と思われていたとすれば、この先の価値観の変化を迎えると、必ずなくてはならいものと感じる人が増えて行きます。詳しくは、次のページをご覧ください。

自分らしいアートを選ぶこととは、「自分がどういう環境を求めているか?」「そもそも自分とはどういう感じ方をする人間か?」という自己自身を知ることになるからです。

パンデミックを機に、在宅ワークになって、快適で贅沢な日常を工夫し始める人が増えてきました。靴やバッグの贅沢は、部屋の家具や模様替えの贅沢に取って変わられました。

絵画は可動式で、保管しやすく、観葉植物や生花のような水やりをする手間もなく、スマホやディスプレイのように目を疲れさせることがありません。

日々スマホから入ってくる情報に疲労し不安に苛まれた人々は、静かで長く寄り添えるような贅沢品、そして精神性や魂を求めて、必ずアートにたどり着きます。

「自身との対話が始まる1枚の絵」その出会いの瞬間に、万全の準備で迎えられるよう、コツコツと筆を進めています。


「絵は一日の仕事で疲れ切った 現代人の頭脳にとっての鎮静剤であらねばならない。」

— アンリ・マティス(1869-1954)



「ショーペンハウアーによれば、個人は、容赦なく苦しみの人生につながれている、多くの満たされず無駄な意志への期待を通じて世界を経験する。禁欲として知られる修道院での自己否定の実践は、この苦痛のサイクルから永久に解放されるという。しかし、それほど敬虔でない人々にとっては、表現としての世界の美的熟考の中に、一時的な解放を見つけることができるのだ。」

— マックス・ベックマン (1884 – 1950)


川田 祐子 作品販売コンセプト

まだ評価が定まらない絵画作品を人々が負担なく自由に個人の意思で選び、購入する社会
https://kawadayuko.blogspot.com/2023/04/2023-watercolor-pencil-on-gray-paper-37.html
画家 川田 祐子 ー 軽井沢 アトリエ日記

 

結果の1~12/372を表示しています