寄付経過報告48ーアートのひとしずく

この数日は、キャンバスF30号作品「氷の誓い」を撮影し、細部から取り出した画像をもとに、「アートのひとしずく」となるような作品づくりをしていました。

撮影には解像度の高いSONY α900や、スキャナーも使用しています。
部分接写を何度も繰り返したため、自分の作品もつぶさに観察することができました。
思わぬ発見もありました。

……………………………………………………………………………………………………………………………………….

SILVER FROST

SILVER FROST
archival inkjet on German Etching Paper
画サイズ264x340mm
限定枚数 ed.10
作品下左:限定枚数サイン、中央:作品名、右:サイン記入。

*ネットでの販売は終了致しました。

*この作品は、「氷の誓い」(91×72.7cm)の肉筆を約110%程拡大させて、線描の細部を見せるところに主眼があります。
作品の中の約20x30cm四方の部分をトリミングして取り出しました。元の作品の面影がよく伝わるダイジェスト版です。

しっとりと厚手のジャーマンエッチング紙の発色の良さ、インクの載りにも納得して頂けると思います。

色をほんの少しだけアレンジして、この作品でしか味わえない、ドライで硬質な色調にしました。

冬枯れの木の枝に見え隠れする曇天、蔵王の樹氷、ドイツの鉛色の空、などの記憶が交錯します。

*画像詳細はこちらをご覧下さい。

……………………………………………………………………………………………………………………………………….
「SILVER FROST」をさらにコンパクトにしました。

platinum sky

platinum sky
archival inkjet on German Etching Paper
画サイズ190x190mm
限定枚数 ed.10
作品裏・額縁裏:限定枚数、作品名、サイン記入。

*ネットでの販売は終了致しました。

*「氷の誓い」の原寸よりも約70%縮小させ、スケールも小さくしたために、SILVER FROST以上に緻密な世界をつくってみました。
エッチング版画あるいは、本画と区別がつかない程に線描が細かく克明に出ている作品です。

写真でも版画でも印刷でもない、インクジェットプリントの緻密で濃厚な表現を最大限に凝縮してみました。
是非バーチャルなPC画面ではなく、紙という媒体に落とし込んだ実在感から作品を観る機会を味わって頂きたいと思っております。

*画像詳細はこちらをご覧下さい。
……………………………………………………………………………………………………………………………………….

ice drawing

ice drawing
archival inkjet on German EtchingPaper
画サイズ190x190mm
限定枚数 ed.10
作品裏・額縁裏:限定枚数、作品名、サイン記入

*ネットでの販売は終了致しました。

*接写画像を何度も拡大を重ねて、線描をクローズアップしました。
するとある瞬間に、「氷の誓い」という題名にふさわしい、氷柱のような線描が現われたのです。
この景色が現われる箇所を何度も探しましたが、もう今となっては、どこかに見失ってしまい、二度と同じような氷柱はみつかりませんでした。
アクリル絵具が醸し出す、透明な輝きが、一瞬の光を浴びて、氷のように凍結したかのようです。
そこで、氷の線描「ICE DRAWING」と名づけました。

*画像詳細はこちらのサイト。

……………………………………………………………………………………………………………………………………….

ICE DRAWING e+h

ICE DRAWING s+h
archival inkjet on German Etching Paper
画サイズ264x340mm
限定枚数 ed.10
作品下左:限定枚数サイン、中央:作品名、右:サイン記入。

*ネットでの販売は終了致しました。

*「ice drawing」がどこにあったのか、探している内に出て来た作品です。
より克明なスクラッチ(=s)の鋭い細い線描と、筆の柔らかなハッチング(=h)の線描を対比することのできる作品になりました。私の作品の奥には、このような肉眼では捉えきれない無数の線と絵具層の空間とが潜んでいます。

……………………………………………………………………………………………………………………………………….

silver fountain

silver fountain
archival inkjet on German Etching Paper
画サイズ190x190mm
限定枚数 ed.10
作品裏・額縁裏:限定枚数、作品名、サイン記入。

*ネットでの販売は終了致しました。

*小粒でも強い存在感の出た作品です。6点の中で唯一、デジタル加工でアレンジしたものです。
「FOUNTAINシリーズはこの他にも「fur」「shower」というようなカラフルな作品をこれまで数点制作しています。
「FOUNTAIN」すなわち「生命の泉」は、絵画の歴史に長く続くテーマです。
私の場合は、私のキャンバス作品そのもの自体が源泉となります。
そして、それがまた私のキャンバス作品へ何らかの作用を及ぼし、循環を続けています。

*画像詳細はこちらをご覧下さい。
これまでの作品はこちらのサイトでご覧頂けます。
http://www.kawadayuko.com

 

*額装はどれも木製のキナリ色(作品に邪魔にならないシンプルなもの)。

*長野の土地で製造された額縁です。

*丁寧に梱包して、ゆうパックか西濃運輸でお送り致します。

1. 作品ご注文は、各「カートに入れる」ボタンクリックで、名前、ご住所,お支払い方法等をご記入の上送信して下さい。

2. お支払い:PayPal(クレジット払い可)・ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行口座お振込み。

3. 作品代金ご入金後に、こちらから受領確認のメールをお送り致します。

7. 梱包・送料費:全国無料。(西濃運輸 or ゆうパック)

8. ご注文を受けてから、額装を用意するため、お届けまでに1〜2週間かかる場合がございます。
(お急ぎの場合はその旨備考欄にお書き下さい)

*ネットでの販売は終了致しました。

こちらの新しいサイトでも、作品を1点1点詳しくご覧になれます。

http://www.kawadayuko.com/lifeart

*最後になりましたが、これらの作品の元になっている新作「氷の誓い」(F30号 キャンバス作品)は、また近々、このブログサイトでご紹介致します。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

*「画家川田祐子 芸術支援寄付」プロジェクト収入の経過報告48*

4月13日~4月30日

応援寄付 0名様 0口        0円
賛同寄付 1名様 1口       10,000円

画集1冊         1,260円

小計          1,1260円

*作品購入や、ご寄付、画集のご注文に励まされ、久しぶりにプリントの新作も制作することができました。
ありがとうございました。
………………………………………………….

目的達成まで あと 1,332,563円

寄付経過報告47ー制作の近況

SONY DSC

お陰さまで、骨折の痛みもあまり気にならなくなって来ました。

立てること、歩けることが、何て凄いことか、骨に沁みるほど痛感しました。

大作の制作も、ようやく元のリズムに戻って来ました。

焦らず、弛まず、コツコツ(骨々?)持てる力を出し切る制作。

自分の持ち味を、より明確に出す作品を目指しています。

今制作中の作品はF100号(130x162cm)の『氷の誓い(仮題)』です。

今月いっぱいで完成の予定です。

 

長野は、昨晩雪が降ったようです。まだまだ寒い夜が続きます。

 

制作の合間や夜寝る前に読んでいる本は、

ヘロドトス著『歴史 上 (岩波文庫 青 405-1)

*こんなに面白いとは、目からウロコです。シェイクスピアの舞台劇を読んでいるようです。

W・H・マクニール著『世界史 下

*世界史をコンパクトにまとめた決定版という評価があるようです。

ヘーゲル『哲学史講義〈上巻〉

*ピタゴラスのあたりがつまらなかったのですが、そこを乗り越えて、ゼノンという哲学者のところで唖然!こんな哲学者がいたのか〜っていうくらい、驚いているところです。早くソクラテスに行きたい。

Charles Harrison & Paul Wood編集『Art in Theory 1900 – 2000: An Anthology of Changing Ideas

*A5判かつ厚さ6cmの電話帳のような本。海外の大学では、美学芸術学の講義にこれがテキストとして使われているそうです。1900年から2000年までのアートシーンに多大な影響を与えた芸術家達のインタビューや評論エッセイ、カタログ等の解説文から重要な文章をピックアップしたものです。1258ページの大著。

というところです。まだまだ手を伸ばしたい本は尽きませんが、読書の時間が本当に限られているので、なかなか先に進みません。

それでも『ART IN THEORY 1900-2000』を読むうちに、ゲルハルト・リヒターの文章に興味を持ったので、ネットで調べているとGerhard Richter著『Writings, 1961-2007』をAmazonで発見。良い値段です(汗)。何しろ600ページですから....。

ドイツ語原文の古いエディションのものは、廃盤らしくその倍の値段。

日本語訳では『ゲルハルト・リヒター写真論/絵画論』として部分が翻訳されているのみ。こちらは279ページと、かなり縮小されてしまっています。そんなこんなで、「Gerhard Richter」でネット上を検索して沢山のPDF化された論文を発見。あちこちからダウンロードして読むなどしています。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

*「画家川田祐子 芸術支援寄付」プロジェクト収入の経過報告47*

 

4月3日~4月12日

 

応援寄付 1名様 5口             5,000円

賛同寄付 1名様 2口           20,000円

プリント作品レンタル料 3ヶ月分         52,500円

 

小計                                      77,500円

 

*今回皆様のご寄付から、ハーネミューレ社製 ジャーマンエッチング・ロール紙(61cmx12m)

ソフマップ大特価セール品の12,800円(定価38,535円)を注文する事ができました。

なぜこんなに安いのか、驚いております!ありがとうございました。

*また、4月15日に予定している病院診査で支払う3月分の入院費約4万円を支払う目処がつきました。

心からお礼申し上げます!

………………………………………………….

目的達成まで あと 1,343,823円

キャンバス布を購入することができました!

お陰さまで、ロールキャンバスを買うことができました。

フナオカの兔膠塗りの麻ロールキャンバス(2m幅・長さ10m)です。

F No.3という番号は、布地のきめ細かさが極細目という番号です。

下地塗りを平滑に磨く作業があるので、なるべくきめ細かい布地を使います。

本来は、古典技法のテンペラ画を制作する際に使われることが多い麻布です。

150号のキャンバスが大体5枚つくれる大きさです。

これもご寄付や作品をお買い上げ頂いた方々、ご支援して下さる皆様のお陰です。

 

フナオカ 兔膠塗 麻キャンバスロール
フナオカ 兔膠塗 麻キャンバスロール
フナオカ 兔膠塗麻キャンバス 2mx10m
フナオカ 兔膠塗麻キャンバス 2mx10m

今回約20%OFFの割引で購入することができました。

麻の糸の原料そのものは、ベルギーから輸入しているという話しをフナオカさんから直接伺った事があります。

糸織りが平滑で狂いがないのは、日本の高い技術のお陰です。

ですから、円相場がそのまま商品価格に反映されてしまうそうです。

しかし、たまたまチェックしていたサイトが、円高還元の価格のままで販売していたため、ぎりぎりの良いタイミングだったのではないかと思っています。

円安が進んでいるので、輸入画材物資の高騰が今後あるのかもしれません。

 

入って来たお金は、猛スピードで私の前から姿を消します(汗)。

しかし何も無くなったわけではありません。9万9千100円がキャンバスロールという物質に変わっただけです。

そして、その物質をさらに、その物質の価値以上のものに変化させるのが私の仕事です。

 

この布がどのように作品に変化して行くかを、随時お伝えして行こうと思っています。

 

 

 

 

寄付経過報告46

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

*「画家川田祐子 芸術支援寄付」プロジェクト収入の経過報告46*

3月28日~4月2日

作品画料 180,000円

*作品「白い情熱」による画業の収入がありました。
支払いを待ってもらっている残りの入院費や先月分のアトリエ家賃費を捻出することができます。
*今回皆様のご寄付から、5000円分の筆と91,100円のフナオカウサギ膠引ロールキャンバスを注文する事ができました。
本当にありがとうございました!
………………………………………………….

目的達成まで あと 1,421,323円

続きを読む “寄付経過報告46”